2011年8月12日 (金)

新パソコン教室立ち上げ

先日実施した豊栄公民館主催「ふれあいパソコン教室」の受講者からの強い要望により、新しく「とよさかIT研究会」を立ち上げました。会員8名、講師、インストラクター3名で、毎週木曜日午後に、公民館を中心に、さわやかセンターや長浦公民館などを会場にして学習会が開かれます。インターネットの接続環境も整っており、会員の皆さんの力量アップと相互交流が深まることを期待しています。代表および、連絡係は、会員の中から選出されました。

Img_11311

会員のみなさん

2011年7月17日 (日)

ふれあいパソコン教室無事終了

7月11日から5日間に渡り、地元の小学校のパソコン教室をお借りして実施された「ふれあいパソコン教室」は、21人の受講生が熱心に取り組む中で、予定の内容を学習し、終了した。参加者には、力量のばらつきはありましたが、ほぼ当初のカリキュラムは習得でき、満足している様子が、アンケートの回答から想像される。この間、7人のアドバイザーの皆さんが、献身的に指導していただいたことが、受講者の助けになった。講師として心から感謝しているところです。

Img_1095_4

  なお、希望者には、続けてパソコン学 習の機会を提供しながら、ITデバイド(IT格差)の解消に努めていきたいと考えています。

Img_1097_4

Img_1098_4

Img_1099_3

2011年6月23日 (木)

パソコン教室について

毎年行われる、豊栄地区公民館主催の「ふれあい教室」事業で、今年も「パソコン教室」が計画されています。地域の小学校のパソコン室を、お借りして実施してしていますが、今年は、「ゼロから始めるパソコン教室」をキャッチフレィズに募集したところ、1日で定員の20名に達してしまったと受付担当者から聞き、市民の皆さんの関心の強さを改めて、思わされています。講師に頼まれている小生も、期待に添えるように準備をしなければと、責任を少なからず感じています。Img_08691_2 
ところで、総務省が最近発表した2010年度末時点での高齢者のインターネット利用率の調査によりますと、70歳代が39.2%で、昨年度より6.3%上昇。80歳代以上では、20.3%で、昨年度よりも1.8%上昇していることが判明したそうです。このことから、高齢者のインターネット活用に関する関心の高さを伺い知ることができます。特に、若い人と高齢者間との情報格差(ITデバイド)を、より改善するためにも、このような公民館等でのパソコン入門教室の、さらなる充実が求められているのではないだろうか。
Img_08711_3 

2011年6月21日 (火)

歌の甲子園新潟地区大会

毎年9月に、開催される「歌の甲子園新潟地区大会」、今年も、9月25日に新潟市「万代市民会館」で開催される。作曲家 鈴木淳先生が、審査委員長を務め、毎年、出場者が本県および近県から60名ほど参加し、応援者を含めると、200名以上にのぼる。
優勝者は、「歌の甲子園全国大会」への出場権を得る。この全国大会での上位入賞者から、多くのプロ歌手も誕生している。

Img_0462_2 Img_0463_3 Img_0464  2010_5

2011年6月19日 (日)

カラオケと健康2

カラオケを歌うときには、適度な緊張感と歌うことで自然に行われる腹式呼吸などにより、自律神経のバランスが図られ、リラックスすることは誰でも経験していることだと思う。そのことにより自然治癒力が増し、病気回復にも繋がることが実証されている。音楽を医療へ積極的に取入れて行く試みが音楽療法。我々高齢者にとって有望な取組みだと感じている。

2011年6月18日 (土)

あやめ祭り

新潟地方も、例年よりも若干遅れて、梅雨入りした。この時季は、あちこちのあやImg_1076 め園では、あやめ祭りが開催され、土日などには、多くの人出で賑わっている。
先日、近くにあるあやめ園に行き、写真を撮ってきた。

Img_1090

2011年6月17日 (金)

カラオケと健康1

今日(6月17日)は、健康カラオケ同好会のみなさんと一緒に新発田のカラオケボックスで歌ってきました。歌を唄うことで脳波のアルファー波が沢山出てリラックスモードにスイッチが入り健康に良いことは実感できます。一人6曲くらい歌って午後5時に帰宅しました。歌を通して素晴らしい人間関係、横のつながりができ有意義な楽しい半日でした。